セックステクニック

おっぱいや乳首の触り方!彼女やセフレを最高に気持ちよくする愛撫法!

おっぱいや乳首の触り方!彼女やセフレを最高に気持ちよくする愛撫法!

彼女やセフレ、初めての女性とセックスする時に、おっぱいや乳首を上手く愛撫出来るか出来ないかでSEXの盛り上がりに大きな差が生じます。

乳首が性感帯の女性は多く、乳首責めだけでオーガズムしてしまう女性がいるほどおっぱいへの愛撫は侮れません。

本記事では、女性を最高に気持ちよくするおっぱいや乳首の愛撫法、絶対NGな愛撫法などを【女性の本音】で解説しています。

今回の記事を読んで女性が最高に気持ちいいおっぱい愛撫法をマスターして、女性をアナタのSEXの虜にしましょう!

女性が気持ちいいおっぱいの触り方や揉み方

女性が気持ちいいおっぱいの触り方や揉み方

今は死語となっている『おっぱい星人』という言葉が作られたほど、世にはおっぱい好きの男性がたくさんいます。

セックス時におっぱいを揉むという男性がほとんどだと思いますが、男性の本能のままの揉み方では、女性は気持ちいいと思ってない場合が多いです。

女性が気持ちいいと感じるおっぱいの触り方、揉み方を紹介していきます。

後ろから揉む

おっぱいはほとんど脂肪でできていて、神経が少ないので感度が弱い女性が多いです。

したがって胸を揉む行為で女性に興奮させるようにしましょう。

ムードがあり、女性が好きなおっぱいの揉み方は、女性の後ろからおっぱいを揉む方法です。

男性に後ろから包み込まれるようにおっぱいを揉まれると興奮するという女性が多いです。

おっぱいを後ろから揉むのは、女性がバックが好きな理由と同じで、自分の顔が男性から見られないので、行為に集中して感度が上がりやすくなります。

私もおっぱいを真正面から揉まれるのと後ろから揉まれるので感度が全然違います。後ろから揉まれると、男性の体の熱も伝わってきて興奮しちゃいますw

手のひらで包みこむように揉む

下からおっぱいを手のひらで包み込むようにおっぱいを触る。

下からおっぱいを支えるように包み込むようなイメージです。

焦らすために乳首にはあえて触れないようにしましょう。手全体を使って優しくおっぱいを揉み揉みしましょう。

多少おっぱいの形状が変わるぐらいの強さで、あくまで優しく揉むようにしましょう。

胸のGスポットとも言われるスペンス乳腺を開発する

スペンス乳腺の場所

スペンス乳腺の場所は、脇の下と横乳の境目あたりです(画像を参考にしてください)

スペンス乳腺のあたりは皮膚が薄くて、触られている感覚がすごく鋭くなるので開発を進めていくと、少し撫でるだけでも女性は感じることができます。

スペンス乳腺を開発することで、乳房全体の感度をアップすることができるので開発をオススメできる性感帯です。
※開発を行っても感じない女性もいます。

女性の本音!NGなオッパイの愛撫法

女性の本音!NGなオッパイの愛撫法

おっぱいの触り方、揉み方で男性が悪気なくやっていることが、女性は不快に思っているという事があります。

SEXの雰囲気を壊したくないなどの理由で、不快に思っていることを男性に言えない女性がたくさんいます。

2人でSEXを楽しむために、女性がNGと思っているおっぱいの愛撫を知っておきましょう。

強い力で握り潰すような触り方

強い力で揉まれると『痛い』という女性がたくさんいます。

おっぱいが好きすぎるがあまり興奮して、自分では気付かない内についつい揉む手に力が入っていることがあると思います。

生理前はおっぱいが張る女性が多く、強く触れると特に痛いので注意しましょう。

強い力で揉むことで、クーパー靭帯というおっぱいを支える靭帯が損傷する恐れがあります。一度損傷したクーパー靭帯は元通りになりません。

クーパー靭帯はおっぱいを支えてる靭帯なので、損傷するとおっぱいが垂れる恐れがあるため、強い力で揉まないようにくれぐれも注意しましょう。

正直何度も痛いと思ったことあります(^^;力を入れずにソフトに揉んでほしいという女性の声が本当に多いです。

すぐに乳首を触りはじめる

おっぱいを揉むことなく、すぐ乳首をいじったり、おっぱいを軽く揉んですぐ乳首にいくなどの雑な愛撫では、女性の気分が盛り上がりません。

エロスイッチが入ってない状態で乳首など敏感な部分を触れられると、くすぐりかったりする場合もあります。

おっぱいへの愛撫はムードが大事なので、焦らしながら徐々に敏感なところに近づいていくようにしましょう。

女性が気持ちいい乳首の触り方や舐め方

女性が気持ちいい乳首の触り方や舐め方

記事の冒頭でも話ましたが、乳首が性感帯の女性はとても多いです。

乳首だけでオーガズムする女性がいるぐらい、SEXにおいて乳首の愛撫はとても大事です。

乳首の左右の感度が違うことを意識して愛撫していますか?

左右で乳首の感度が違うという男性もいると思いますが、女性の乳首は男性よりさらに敏感なので、左右で乳首の感度が大きく違ったりします。

乳首を愛撫する時に、『どっちが気持ちいい?』と聞いてより感じる方を集中的に責めるなどすると喜ぶ女性が多いです。

それでは、女性が気持ちいい乳首の愛撫法を解説していきます。

服の上から触る

乳首はとても敏感な部位なので、直接触る前に服の上から触るほうがいいです。

服の上から優しく乳首を触れたり、つまんだりして徐々に感度を上げていきましょう。

生で触るより服の上から触るほうが、乳首が立ちやすい女性が多いです。

フェザータッチ

フェザータッチとは、鳥の羽で触れるように優しくボディータッチすることです。

フェザータッチは指の腹ではなく、指の先端で皮膚に触れるか触れないかぐらいの感覚で愛撫するのがコツです。

乳首をフェザータッチする場合は、いきなり乳首にいかず乳房からフェザータッチして、徐々に内に入っていく感じで愛撫していき、最後に乳首をフェザータッチという責め方が、女性は気持ちがいいです。

焦らしながら徐々に敏感な部分にフェザータッチしていくことで、女性に『早く乳首にきてー』と思わせることがポイントです。

潤いをあたえてから触る

乳首がものすごく敏感な女性や、乾燥肌の女性などは、乳首に触れられるだけで痛いと感じる場合があります。

そういう女性には、やさしく舐めて乳首に潤いを与えてから触るようにしましょう。

潤いをあたえられることで、乳首の感度が上がるという女性も結構います。

すぐに乳首を舐めるのではなく焦らす

フェザータッチ同様に、いきなり乳首を舐めるのではく、乳房など周りからしゃぶるように舐めていき、乳首を舐めるまで十分に焦らしましょう。

外から内に舐めていき、乳輪をクルクルと円を描くようにエロく舐め、十分に焦らしたら最後に乳首を舐めるようにしましょう。

焦らすことで乳首を舐められるころには、女性の感度が最高潮になっているはずです。

舌の硬さに変化をつけて舐める

舌を柔らかくして舐められるのと、舌を硬くしてツンツンと舌先で触れるのでは気持ちよさが全然違います。

女性はそういった変化ある刺激に弱いので、より興奮、感度を高めることができます。

方法は、乳輪を唇で覆って舌を柔らかくしたり硬くしたり変化させながら、乳首全体を揉み込むように舐める。

乳首を女性の口だと思って、キスするように舐めると女性は感じやすいです。

乳首の愛撫法(応用編)

乳首の愛撫法(応用編)

今まで解説した乳首責めでも感じなかったり、さらに乳首で感じさせたい時は組み合わせ技を使い乳首で感じさせましょう。

オススメの乳首の組み合わせ愛撫法を紹介していきたいと思います。

ローションを使う

ローションを使うことで感覚が敏感になるという女性は多いです。

ローションを使うと乳首以外でも、膣やクリトリスも感度が上がる場合が多いのでオススメです。

ローションを使う時は、乳首だけではく胸全体にローションを馴染ませるように塗りましょう。

クンニしながら乳首を責める

女性が気持ちいいクンニリングスのやり方・イカせる方法でも紹介したのですが、クンニされながら乳首をいじられると『スグにいっちゃうぐらい気持ちいい』という女性の声をよく聞きます。

これは本当におすすめで、今までクンニだけに集中していたという男性はぜひ乳首も責めてみてください。

クリトリスと乳首の2点同時責めは最強です!

私の場合はクンニされてる時に乳首を触られると一気に感度が上がって、ホントすぐにいっちゃいます(^^;

挿入中に乳首を触る、舐める

挿入中に乳首を舐めたり触ったりするのも効果的です。

挿入中は一番興奮度が高まっている状態なので、その状態を利用するのがとても効果的です。

バックの時に乳首をいじられたら興奮するというMな女性の声が多いです。

有名AV男優のしみけんさんもロールスロイスというバックの進化系体位の時に、乳首をいじると女性の感度が上がると発言しています。

女性の本音!NGな乳首の愛撫法

女性の本音!NGな乳首の愛撫法

おっぱいと同様に乳首にもNGな愛撫法があります。

乳首はかなり敏感な部位なので、おっぱいのNGより女性の嫌度は高いと言っていいでしょう。

それでは女性が本音で答えた『NGな乳首の愛撫法』を紹介していきます。

触り過ぎる

何度も言いましたが、女性の乳首は敏感な部分なので触り過ぎると痛くなります。

フェザータッチのように触れるてるか、触れてない程度に触るのであれば、ある程度触りすぎても大丈夫ですが、普通の力加減や強めで触るのが長すぎたりするのは注意が必要です。

痛くてもSEX中は男性に気を使って言い出せない女性が多いので、男性側が気を付けてあげましょう。

指でつまんでグリグリ

『乳首を指をつまんでグリグリするのが本当に嫌!』という女性の声がめちゃくちゃ多いです。

指をつまんで乳首をグリグリする男性って結構多いんです。気付かないうちにしてないですか?

ドMな女性で乳首グリグリが好きだったらいいんですが、ほとんどの女性が『痛い』と感じて嫌がっています。

もし、乳首グリグリをするにしても、女性に『痛くない?大丈夫?』と確認をとって行なうようにしましょう。

フェラの最中に乳首を触る

フェラされている時、男性の手が空くので『気持ちよくしてあげたい』という気持ちから乳首を触ってしまう男性は多いと思います。

この行為、実は嫌だと感じている女性めちゃくちゃ多いんです。

一生懸命にフェラしている時に乳首を触れると気が散るという理由からです。

私もフェラ中に乳首をいじられると結構イラついちゃいます('_')その時の触り方、大体グリグリしていませんか!?痛いし、気が散るし止めてー!ってなっちゃう…

まとめ

最後まで読んでいただいた方には分かってもらえたと思いますが、おっぱいや乳首を愛撫する時は、ドMな女性以外は優しく愛撫するようにましょう。

すぐに乳首を舐めるなど、雑な愛撫にならないように意識して、女性をなるべく焦らしておっぱい→乳首へと徐々に愛撫する事で、女性が興奮して感度も上がるでしょう。

今までおっぱいや乳首で全く感じなかった女性が、上手な男性に愛撫されることで、おっぱいや乳首でものすごく感じるようになる事はよくあります。

やはり、そういった上手な男性のSEXに女性は病みつきになり、ついついSEXを繰り返しセフレ関係になっていきます。

この記事を参考にしていただいて、女性が最高に気持ちいいオッパイや乳首の触り方をマスターし、よりよいSEXライフを送っていただければ幸いです。

-セックステクニック

© 2020 セフレ・出会い系ラボ